ランドセル 2019

今どきのランドセルのかぶせ裏の特徴と人気は?

最新ランドセルのかぶせ裏事情

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

最新型のランドセルのかぶせ裏(メインのフタの裏側)は内装と同じ素材が使われていて、デザイン性に凝ったものもあります。

 

教科書や文房具の保護をする役割も果たしています。

 

昔は時間割を貼り付けるポケットが付いているのが一般的でした。

 

ランドセルの特徴として上から物を入れてかぶせる事でフタをするのが役割で、その裏側は傷がつきにくい素材になっています。

 

うちの息子のランドセルはちゃっかり時間割入れになてました。

 

最近のものはデザイン性重視でかぶせ裏のデザインがかっこいいものや可愛いものも多く、そういったタイプには時間割ポケットの付いていないものが多いです。

 

個人的には時間割のポケットはある方が良いと思いますが、どうなんでしょうね?好みにもよると思いますが。

 

 

人気ブランドのランドセルのかぶせ裏

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

人気5ブランドのランドセルのかぶせ裏も丈夫な素材を貼り合わせ教科書などと擦れ雨あっての傷まない素材を使っています。

 

ランドセル自体が高級感のあるものが多くなっているので、時間割ケースのようなビニールを貼り付けたものより、美しく統一性のある記事を貼り付けているタイプの物が多いように思います。

 

多くのメーカーでは柔らかく耐水性があって長持ちする素材として豚の皮を使っている物が多いです。

 

内張りと統一したデザインの物や、背当ての色と統一されたものなど、開けたときのオシャレ感を演出するのに使われることもあります。

 

一見便利そうに見えたかぶせ裏の時間割ポケットですが、6年間使ううちにビニールがボロボロになったり、黄ばんできて透明度が無くなったりして、6年間使い続けるには問題が多いとして廃止にしているブランドもあります。

 

工房系などではこだわって時間割ポケットのままの物が多く感じます。

page top