ランドセル 2019

ランドセルの大きさと特徴|人気のサイズは?

最新ランドセルの大きさと種類

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

小学校入学にはいろんな準備が必要です。

 

準備の中で一番大事なのは制服の用意とランドセルの用意じゃないでしょうか?

 

子供が使うものですし、6年間使うものなので、子供の好みもありますから、聞いて上げる必要もあります。

 

体格などに合わせて大きさも選ばないといけません。

 

学校からの配布物や教科書、教材なども大きくなって、カラーで重たくなっています。

 

他にも筆箱や笛、給食袋、上靴、水筒、お道具箱などなど、持っていくものはかなりの量なので、できるだけランドセル内に収まるように容量は大きく、ランドセル自体も軽く作られているものを選びましょう。

 

各社、A4フラットサイズと書かれている物が大きいサイズになるので参考にしてください。

 

軽いだけでは無く丈夫であることも大切です。

 

重いものを?日入れて持ち運ぶので大マチ部分が型くずれしないような補強がしっかりしてる丈夫なランドセルを選ぶ必要があります。

 

 

おすすめのランドセル

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

では、おすすめのランドセルですが、容量が大きく荷物がたくさん入るに越したことはありません。

 

A4フラットファイル対応サイズのランドセルを購入するようにしましょう。

 

小学1年生のうちは大きく感じるかも知れませんが、子供の成長は早いですのですぐに普通に感じる大きさになります。

 

また大きくても軽く作られていて、方に対する負担も少なく作られているので、大きさほど重たくはありません。

 

6年間使うことを考えると大きめのランドセルを購入することをおすすめします。

 

できるだけランドセル内に荷物が収まれば両手も自由になりますし、より安全です。

 

荷物の多い時はランドセルがパンパンで更に両手に手提げ袋を下げる時もあるので、ランドセルの大きさはかなり重要になっています。

 

一番多いときですと、ランドセルパンパン、笛をかぶせに横から刺して、両側のフックにはコップの袋と、給食袋と体操服。片手にはお道具箱の入った手提げかばんに、反対側の手には宿題などの提出物、肩にはたすき掛けで水筒。

 

こんな日も普通にあります。なんとかしてあげないといけないなと思います。

page top