ランドセル 2019

新入生のランドセル選び|肩の調節機能で体の負担を軽減

最新ランドセルの型ベルトは

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

最新のランドセルは肩ベルトの位置を変更することによって、肩の調節が可能です。

 

一派的に入学した時と卒業するときで30cmぐらい身長が伸びると言われています。

 

ただ単にベルトが伸びるだけでは体にフィットしなくなってしまうので、最近のものは開発が進み立体的な構造になっていて、より体にフィットしやすい設計になっています。

 

ベルトには調節しやすいように穴がいくつか空いています。低学年のうちは短くしておいて高学年になるに従って長くなるように調節します。

 

最近は背が高い小学生や外国人の生徒も多いため、180cmぐらいの男性でも使えるようなベルトを用意しているメーカーもあります。

 

ただし長いタイプは別料金になっている場合はがほとんどです。

 

基本は穴の位置で長さを調節しますが、最大にしても小さい場合は長いタイプの肩ベルトに変更してもらう必要がありますね。

 

長さが長くなると方にかかる負担が大きくなるので徐々に太くなって力を分散できるように工夫がなされています。

 

 

体の体の負担にならない肩の調節方法

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

初めてランドセルを背負うときには方の調節をしなければなりません。

 

慣れないランドセルにたくさんの教科書や文房具が入ってかなり重くなります。

 

できるだけ体の負担を軽くする調節の方法を知っておきましょう。

 

ポイントは背中とランドセルの隙間を極力なくすように調節しましょう。

 

ベルトが長すぎると背中と背当ての間に隙間ができてしまいます。

 

隙間がある分負担が増加してしまうので、実際の重さ以上に重みを感じてしまいます。

 

ただ、隙間が無くても短くしすぎると背負うときが面倒で窮屈で大変です。

 

適度長さに調節するようにしましょう。

 

そして、重いものはできるだけ背中側に来るようにすると楽に感じます。

 

外側に重いものを入れると後ろに引っ張られてしまうような力が働くので余計に重く感じてしまいます。

 

ランドセルのメーカによっては自然に背中側に荷物が傾くような傾斜のついた中敷きが付いているものもあるので購入前に確認してください。

page top